革のキーケースの手入れ方法を動画と画像で詳しく解説します「革財布や名刺入れも同じやり方」

キーケースの手入れ方法を解説|動画と画像で解説&おすすめの手入れ用品

ここでは、本革を使ったキーケースの手入れ方法を解説します。

牛革やコードバンを使ったキーケースは、お伝えしている手入れ方法を真似するだけで、革をきれいなまま保つことができます。

手入れに必要なケア用品や、絶対にNGな手入れ方法も合わせてお伝えしています。

 

正しい革の手入れをして、革のキーケースをきれいなまま使い続けていきましょう。

革のキーケースの手入れ方法

正しい革の手入れ方法は、以下の手順です。

  • ブラッシング
  • クリームをつけて艶出しと保護
  • ブラッシング
  • 乾拭き
  • 防水スプレー

真似するだけで、革を生き返らせたり、きれいなまま使い続けたりすることができます。

1つずつ詳しくお伝えするので、一緒に見ていきましょう。

 

ブラッシング

まず初めに、キーケース全体にブラシをかけます。

ブラシで革の表面についたホコリを落とす

ブラシをかけることで、革に付いた細かいホコリと大きなホコリを飛ばします。

 

クリームをつけて艶出しと保護

ブラシをかけたら、柔らかい布にクリームを適量取ります。

※だいたい1円玉くらいの量が目安です。

クリームは一円玉くらいの大きさで

 

クリームを取ったら馴染ませて、円を描くように革にしみ込ませていきます。

円を描くようにクリームを塗る

 

革の内側もクリームを塗ります。

内側も同じようにクリームを塗る

クリームを塗ると全体的にしっとりした感じになります。

クリームを塗ったら、10分から20分ほど放置して馴染ませます。

10分から20分ほど放置

 

ブラッシング

クリームを塗って馴染ませたら、革全体にブラシをかけます。

ブラシをかけて余分なクリームを飛ばします

ブラシをかけることで、余分なクリームや余分についたクリームを飛ばします。

 

乾拭き

ブラシをかけたら乾拭きをします。

乾拭きしてクリームを飛ばします

乾拭きをすることで、革の表面に残ったクリームを伸ばしつつ艶を出します。

 

防水スプレー

乾拭きをしたら、最後に防水スプレーをかけます。

※だいたい30センチくらい話して、満遍なく防水スプレーをかけるのがポイントです。

防水スプレーをかけます

 

防水スプレーをかけたら10分から20分ほど放置して乾かします。

防水スプレーをかけたら10分ほど置く

最後にもう一度乾拭きをしておきましょう。

もし防水スプレーがムラになっても、乾拭きをすることで全体になじみますよ^^

 

手入れ完了!革が生き返りました

最後の仕上げで乾拭きをしたら、革の手入れが完了です!お疲れさまでした!

革のキーケースの手入れ完了

初めは革の手入れに時間がかかるかもしれません。それも、2.3回手入れをすると慣れてきますよ^^

しかも、手入れをするたびに革が生き返った感じになります。手入れをするたびに、愛着がわいて益々大切に扱うようになるはずです。

また、手入れをすると革をきれいに保つことができるので、本革本来の経年変化を存分に楽しめるようになります。

お伝えした手入れ方法を参考にして、実際に手入れをしてみて下さい。

この記事でお伝えしたケア用品は、以下の通りです。

ホコリや余分なクリームを飛ばすブラシ

革の生き返った表情が変わるケアクリーム

絶対にNG|革の間違った手入れ方法とケア用品

革の手入れで絶対に使ってはいけないものが、以下の2つです。

  • 植物油や天ぷら用油を使う
  • 人用の保湿クリームを使う

これらの油やクリームを使うと、革にシミができたり、革がゆがんだりする可能性があります。

革にしみ込んだシミは消せないので、間違っても違うクリーム類は使わないようにして下さいね。

やってはいけない手入れ方法が、以下の通りです。

  • 直射日光に当てて乾かす

直射日光に当てると革が乾いて、水染みや汚れが付きやすくなります。なので、直射日光に当てて乾かすのは辞めましょう。

革の手入れ方法と、絶対にNGな手入れ方法やケア方法は以上になります。

革をきれいなまま使い続けたり、革の経年変化を楽しむためにも、お伝えした手入れ方法を参考にして下さい。

-革の種類別キーケース

Copyright© キーケースコレクト|キーケースの人気ブランドとおすすめの逸品 , 2022 All Rights Reserved.